スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚策で日本崩壊させたいのか

時事通信より転載

政府は6日午前、行政改革実行本部(本部長・野田佳彦首相)の会合を国会内で開き、国家公務員の2013年度の新規採用者数を09年度比で4割超減らす方針を確認した。政府は月内にも13年度の採用計画を策定する。4割超の削減が実現すれば、13年度の新規採用者数は5100人(前年度比19%減)以下となる見込みだ。

 首相は冒頭で「速やかに結論を出して国民に分かりやすい成果を示す必要がある」と述べ、採用抑制の具体化に向けた検討を急ぐよう全閣僚に指示した。国家公務員の新規採用者を減らすのは、国民に消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革への理解を得るため、行政が「身を切る姿勢」を示すのが狙い。 



このニュースでわかること

・採用を4割も減らせるほど公務員は余っている
・平等の名において消費税増税を叫びながら、実質まったく平等ではないこと

消費税増税で一人あたりの負担がどんどん増えると言いながら、将来もしくは近々受け取る側に世の中が支配されているため、若者は搾取される構図

高給取りの役人解雇すれば若者3人は雇えるだろう

バブルを謳歌した世代は自分たちでお金を持っている
にもかかわらずデフレや氷河期で苦しんだ世代、今小中高校生、赤ちゃんからも消費税という名の不平等税を搾り取る

本格的に若者の未来はこの国にはなくなっていると感じる人がいても仕方がない

自分も含めていつの間にか若者の未来を奪ってはいないかと考える必要があるのではないだろうか
後世に道を譲る文化のあった日本人
年金や老後の生活が不透明で生活に不安を感じるからそれが進まない

この構造は民間企業にもみられる

今橋下氏のいうように、この国のシステムも確かに古いものだろう
ただそのシステムを運用する人間、日本人の心が問われていると感じる

新しい資本主義は日本から生まれると海外で期待されている日本
今権力を持っている世代の交代が起きない限りはないのかもしれない

既得権益というものの潔くなさや、汚く、間違い、美しくない日本をこのニュースに見た
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサード リンク

プロフィール

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ akiran

Author:akiran
投資歴10年の赤ちゃん投資家。
ライブドアに盛り上がり、ライブドアに倒れるも、おかげでリーマンショックはノーダメージ

失った資産は相場に返してもらう

増減率
2009年 72.90%
2010年 10.26%
2011年 -4.67%
2012年 19.48%
2013年 38.12%
2014年 14.57%
2015年 10.58%





使用中FX会社


SBIFXトレード


yahoo totoで期間固定のTポイント消化中



株式長期投資 ブログランキングへ

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。