スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はスカイマークを少し拾っている

ギャンブルとは思っていないけど、ギャンブルと言われても仕方がない

理由はスカイの持つ羽田の発着枠

通信の電波と同じで基本的に発着枠の数だけ売上が伸びるのはわかりやすいと思う

その中で羽田の発着はドル箱

そのドル箱をスカイも持っている

それを狙いに来る企業があると思っている

今後ますます羽田の価値は上がるだろう
国策で外国人呼びまくってるんだから

前回は税金投入された企業のくせにとJALとANAで大揉めしたじょどの魅力を持つ

そこを欲しくない航空会社はないわけで、スカイの社長が身売りに納得したらだが資本入る可能性は十分にあると思う

スカイにとって少しメリットあるのは、今だに日本の航空会社と提携のないデルタ航空がいたり、エアアジアという楽天が出資するかもしれないと言われた企業が存在したり、既存のANAやJALが存在すること

デルタやエアアジアからすれば買えば羽田の発着枠ゲットできるわけで美味しい

そこにANAやJALまで参入すればそこそこの値段で身売りできるということ

もう一点がJALは税金入った企業ゆえに今新規投資を抑えられていること

つまりANAからすればJALという最大の競合が新規投資を出来ない間に買えば楽々ゲットできるということ

もちろん高くは買いたくないわけで、JALが新規投資を開始するまでにスカイが民事再生とかされれば一番の展開だろう

だろうけど、JALが投資開始できる期間までスカイが持てばJALと競合になり高くなる可能性もある

経営者の見極めでしょうな

他にもさっきのデルタやエアアジアも虎視眈々と狙う可能性もあるわけなんでね

仮にスカイが再生法など受けた場合にスカイの発着枠が分配になるのか救済企業にまるまる貰えるのかもわからないのでそこにかけるのもまた経営者の判断

何事もなくスカイが業績回復して持ち直すこともあり得る

要するに発着枠、特に羽田のは通信でいうプラチナ電波と同じような価値なんだと思う

それが私がスカイマークに少し投資した理由

私にとって最悪のシナリオはスカイの民事再生

最高のシナリオは自力で業績回復

利益が出るかもしれないのはどっかの資本注入や業務提携、身売りが出た場合

ざっくり3分の1という確率だと考えると負ける可能性34%

いける可能性66%

6割いけるかもしれないなら投資するのが私の投資
あくまであり得るシナリオの確度無視の単純な確率論だけどね

自分が航空会社の社長なら最大のライバルの競合が入る前にできるだけ早く安く羽田の発着枠ゲットしてそこで稼いで起いた方が得かもしれないと思うからね

短期的には負担大きいけど、何十年も今後動かして利益出せる路線ならそれと比較して考える

あくまで個人的な考えですが

まあ、どうなっても大丈夫な範囲での投資額で自分の投資力と世の中の流れろの勝負のつもりで

ちなみにワコム買い増しときもとを購入しました笑

早すぎる打診ですがナンピンも考えて負債もなく赤字でもないので買いました

長期のつもりだが損切りラインも考えて購入
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサード リンク

プロフィール

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ akiran

Author:akiran
投資歴10年の赤ちゃん投資家。
ライブドアに盛り上がり、ライブドアに倒れるも、おかげでリーマンショックはノーダメージ

失った資産は相場に返してもらう

増減率
2009年 72.90%
2010年 10.26%
2011年 -4.67%
2012年 19.48%
2013年 38.12%
2014年 14.57%
2015年 10.58%





使用中FX会社


SBIFXトレード


yahoo totoで期間固定のTポイント消化中



株式長期投資 ブログランキングへ

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。