スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバーダインの新製品

腰に装着

日経の記事によると、リースでまずは大林組に5台出荷だそうだ

 筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダイン(茨城県つくば市)は30日、建設現場で重いものを持ったときに腰にかかる負担を軽くし、
腰痛になるリスクを減らす装着型ロボット「作業支援用HAL」を開発し、販売を開始したと発表した。
第1弾として大林組に5台をレンタルで納入、10月から都内の建設現場で活用する。

 HALはこれまで医療・福祉分野で導入されており、建設現場など重労働を強いられる分野への展開も本格化する。今年中に50台をレンタルする計画だ。

 開発した作業支援用HALは3キログラムと軽量で、腰幅39センチ以下の人なら誰でも簡単に装着できる。
物を持ち上げると脳から出る指令(微弱な電気信号)を腰に貼ったセンサーでとらえ、モーターと太ももとおなか周りに巻いたベルトで持ち上げる力を補助する。
40キログラムの物を持ち上げる場合、最大16キログラム分をロボットが助ける。
1台当たり月額12万~14万円でレンタルする考えだ。

 大林組技術研究所の上田尚輝担当部長は「大型工事が増え、人手不足が深刻だ。高齢者が少しでも長く仕事を続けるのに有望な手段」と語る。

 サイバーダインは建設現場のほか、工場や介護現場で働く介助者向けにも「作業支援用HAL」をレンタルする方針だ。


結局自分で体験しないとわからないな

ふと思うのは装着に3キロの本体というのは負担にならないのかなと

読んでる限り次世代の肉体労働の形に見える

災害救助や介護にはすごく助かるだろうし、普通の年配の人でも土曜大工でもしたい時や雪かきしなきゃいけない時なんかに1日単位でレンタルなんてできたら最高に人助けになると思う

雪国の自治体なんかにも営業かければいいのに

縛りなく、月額ならその時期はバカ売れするんじゃないかな

でも人にどんどんリースして予想外の使われ方や改良点が出てくるだろうから、最初は利益そこまで出なくてもバンバン出荷してほしい

もう本当にロボットの時代になるんだなーと感じるニュースだ

でもまだ赤字なんだよね

正直医療用より作業用の方が売れて利益も出る気がする

大林組に使ってもらっていい感じなら大量発注くるだろうし他の建設にも広がるだろうして、それこそもっと未来には女性がHAL装着して工事現場でバリバリ働いている時代も来るかもしれない

可能性を感じさせる新製品だ

ただ40キロのものが16キロに感じるというのはどの程度なのか想像つかない

ヘルニア防止になるなら少し腰痛めてる人が治療中に装着するという用途にもなるのかな

妄想は膨らむばかりです
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサード リンク

プロフィール

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ akiran

Author:akiran
投資歴10年の赤ちゃん投資家。
ライブドアに盛り上がり、ライブドアに倒れるも、おかげでリーマンショックはノーダメージ

失った資産は相場に返してもらう

増減率
2009年 72.90%
2010年 10.26%
2011年 -4.67%
2012年 19.48%
2013年 38.12%
2014年 14.57%
2015年 10.58%





使用中FX会社


SBIFXトレード


yahoo totoで期間固定のTポイント消化中



株式長期投資 ブログランキングへ

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。